短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年10月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選

天    他所の花 それは引け目か負けん気か  (善三郎)
(標目  はた目よくても色々あるよ)
 追吟  負けん気か雅友はいつも天目指す

地    絵空事 大本営が告ぐ戦果  (佳月)
(標目  国民みんなだまされていた)

人    切り替えて 坂を苦にせんギヤを入れ  (泉水)
(標目  人生これから楽しく遊ぼ)

二    鯖をよむ 孫の前では武勇伝  (春風)
三    破裂して 癇癪玉が呑み込めず  (奎夫)
四    赤とんぼ 追った竹馬の友いずこ  (春風)
五    胃に八分頭寒足熱身を守る (佳月)<折り句 イズミ>
六    破裂して お百度踏んだ妻の顔  (直樹)
七    切り替えて 強く生きなきゃ三回忌  (和憲)
八    破裂して 結石砕く電気メス  (高男)
九    十三夜 七十路が恋うる過去の人  (土筆)
十    今一つ頭脳は冴えず道遥か  (春風)<折り句 イズミ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-10-25 07:00 |  安冨冠句会例会