短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年10月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部
紫水杯  五選  
    
      胃に八分頭寒足熱身を守る  (佳月)<折り句 イズミ>

五選   和やかに賑わう句座に若い顔  (佳月)<折り句 イズミ>
     
四選   切り替えて 強く生きなきゃ三回忌  (和憲)
      絵空事 疑惑を詰めた段ボール  (高男)
      鯖を詠む 孫の前では武勇伝  (春風)
      鯖を詠む 賞味期限の先送り  (純一)
      他所の花 赤く見えるは人の常  (千代子)

三選   赤とんぼ 追えば昔の陽が沈む  (純一)
      赤とんぼ 句碑を訪ねて小京都  (高男)
      鯖を詠む 隠し切れない老いの影  (公三)
      夏過ぎて庭の盆栽若返る  (新一)<折り句 ナニワ>
      ダイエット 絞り出したい社保の膿  (直樹)

      以下(春風)(泉水)(純一)(高男)
      以上 三選9章

多選 16章でした。      
      
      以上十二章
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-10-25 08:00 |  安冨冠句会例会