短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年11月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    知恵絞る 残り火燃やす文机  (和憲)
(標目  余生豊かに吾が道を行く)
 追吟  文机向かう夜毎の老いの糧

地    励まされ 孤独の壁を打ち破る  (公三)
(標目  両手に花の友と詩あり)

人    身に付いた過去の労苦が句に生きる  (芳英)<折り句 ミカク>
(標目  心支える体験の杖)

二    うっとりと 寝ている犬の動く耳  (恒男)
三    励まされ 五尺の命いとほしむ  (純一)
四    知恵しぼる 薄給の妻膳に盛る   (泉水)
五    戻る橋架けてあげたい拉致の人  (孝代)<読み込み 橋>
六    その出会い五条の橋で幕が開く  (和憲)
七    神の留守 出雲へ届く屋台練り  (善三郎)
八    顔を売る 閻魔様には通じまい  (直樹)
九    励まされ 八十路を生きる老いの幸  (奎夫)
十    知恵絞る 策土策より無の心  (美好)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-11-29 01:00 |  安冨冠句会例会