短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年11月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    うっとりと 四季の景色が詩を詠む  (耕作)
  (標目               )
 追吟  詩を生む春夏秋冬野に拾う

地    つめこんで 秋の味覚を娘に送る  (春風)
  (標目               )

人    知恵しぼる あの手この手の下心   (哲男)
  (標目               )

二    顔を売る 野望を胸に愛想よく (新一)
三    顔を売る 政界人かタレントか  (高男)
四    秋刀魚焼く 匂いは正に季節感  (善三郎)
五    歓迎し 母校に飾る優勝旗 (佳月)
六    歓迎し 趣味の冠句が友を呼ぶ  (新一)
七    神の留守 願いも駄目よ神無月  (奎夫)
八    身をまかせ介護施設へ車椅子  (豪人)<折り句 ミカク>
九    身に余る果報を得たり句三昧  (佳月)<折り句 ミカク>
十    傘になり橋になれよとおふくろの (土筆)<詠み込み 橋>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-11-29 02:00 |  安冨冠句会例会