短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年11月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    謎をとく あの世を語る阿弥陀経  (和憲)
(標目  往生したし蓮のうてなに)
 追吟  阿弥陀経障害この身に載きて

地    神の留守 出雲に集う八百よろず  (佳月)
(標目  邪鬼を祓ってご加護を願う)

人    夕しぐれ 侘びしさ慕る秋の庭  (篤子)
(標目  落ち葉濡らして音なく暮れる)

二    農の汗秋の豊作気力満ち  (祥雲)<折り句 ノアキ>
三    その出会い五条の橋で幕が開く  (和憲)<詠み込み 橋>
四    身に付いた過去の労苦が句に生きる  (芳英)<折り句 ミカク>
五    ミャンマーのカメラマンの死悔い残す  (孝代)<折り句 ミカク>
六    謎をとく 古墳古銭の塩野里  (豪人)
七    謎をとく 衛星かぐや宙の旅  (佳月)
八    うっとりと 古賀メロデーに酔いしびれ  (奎夫)
九    知恵しぼる 残り火燃やす文机  (和憲)
十    知恵しぼる サミット地球救えるか  (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-11-29 04:00 |  安冨冠句会例会