短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年11月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    夕しぐれ 紅葉さらに色なおし  (直樹)
(標目  しぐれが誘う秋の深まり)
 追吟  色なおし紅葉冴えて濃く淡く

地    戻る橋架けてあげたい拉致の人  (孝代)<読み込み 橋>
(標目  望郷悲し年月流る)

人    励まされ 日毎に伸びる試歩の道  (純一)
(標目  社会復帰を目指して努力)

二    謎をとく 衛星かぐ宙の旅  (佳月)
三    歓迎し 梯子を外す北の国  (純一)
四    顔を売る 米も野菜も写真付き  (純一)
五    謎をとく ヒントは酒で喋らされ  (泉水)
六    踊るワルツが仲もつ縁に 鹿も恋する秋の暮  (孝代)<送り句>
七    神の留守 貧乏神はすぐ参り  (良春)
八    励まされ 勝ってくるぞと  国出たが(奎夫)
九    秋刀魚焼く 新米炊いて夕の膳  (良春)
十    飲む酒も秋の味覚で 気分良し (守磨呂)<折り句 ノアキ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-11-29 05:00 |  安冨冠句会例会