短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年11月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    知恵しぼる 残り火燃やす文机  (和憲)
(標目  晩学の徒のともしび消えず)
 追吟  文机雑学忘れた小世界

地    夕しぐれ 小さな秋の涙かも  (守磨呂)
(標目  心侘びしや巷も濡れる)

人    確執も心通えば橋掛る  (守磨呂)<読み込み 橋>
(標目  まずは笑顔でハードル下げて)

二    野辺送り有りし面影消えぬまま  (公三)<折り句 ノアキ>
三    夕しぐれ 軒に音符を置いて去る  (佳月)
四    うっとりと 耳を任せた膝枕  (佳月)
五    励まされ もう泣きませんこれを機に   (泉水)
六    謎をとく 判決といふ天の声  (佳月)
七    歓迎し 趣味の冠句が友を呼ぶ  (新一)
八    未来の子輝く瞳くもりなく  (土筆)<折り句 ミカク>
九    うっとりと うぶさ残した高島田  (哲男)
十    思いつくまま十七文字 春夏秋冬詩ごよみ  (善三郎) <送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-11-29 06:00 |  安冨冠句会例会