短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年11月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選
天    励まされ 千人針を腹に巻く  (佳月)
(標目  日本のために頑張ってくれ)
 追吟  腹に巻く晒し一枚男立て

地    励まされ 日毎に伸びる試歩の径  (純一)
(標目  だんだん良くなりもう大丈夫)

人    身の不自由介護の妻に苦労かけ  (芳英)<折り句 ミカク>
(標目  これが夫婦やお前にゃすまぬ)

二    知恵しぼる サミット地球救えるか  (純一)
三    つめこんで浅学笑う広辞苑  (和憲)
四    ミャンマーのカメランの死悔残す  (孝代)<折り句 ミカク>
五    戻る橋架けてあげたい拉致の人 (孝代)<詠み込み 橋>
六    うっとりと 生きてることをふと忘れ  (純一)
七    謎をとく 衛星かぐや宙の旅  (佳月)
八    知恵しぼる 三人寄って巧なす  (篤子)
九    神の留守 神風吹かず敗戦に  (千代子)
十    弥陀光る感無量の倶会一處  (祥雲)<折り句 ミカク>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-11-29 07:00 |  安冨冠句会例会