短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年11月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部
紫水杯  四選  
    
      知恵しぼる 残り火燃やす文机  (和憲)

四選   励まされ 趣味を生かした老いの日々  (耕作)
      謎をとく 衛星かぐや宙の旅  (佳月)
      神の留守 貧乏神はすぐ戻り  (良春)
      民宿へ蟹に引かれて来る馴染み  (佳月)<折り句 ミカク>
      励まされ 趣味を生かした老いの日々  (耕作)

三選   戻る橋架けてあげたい拉致の人  (孝代)
      夕しぐれ 軒に音符を置いて去る  (佳月)
      知恵しぼる 策土策より無のこころ  (美好)
      謎をとく あの世を語る阿弥陀仏  (和憲)
      歓迎し 趣味の冠句が友を呼ぶ  (新一)
      顔を売る 米も野菜も写真付き  (純一)

      以下(篤子)(和憲)(公三)(佳月)(和憲)(戸楓)
        (祥雲)(豪人)(祥雲)
      以上 三選15章

多選 21章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-11-29 08:00 |  安冨冠句会例会