短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年12月上座抄(広岡佳月 宗匠選)

広岡佳月 宗匠選

天    好きなのよ 母棲む里の温かさ  (和憲)
(標目  ほのかに包む親の愛情)
 追吟  温かさ心も和む春の風

地    嘘ばかり ついておいでと言った人  (耕作)
(標目  永久に変わらぬ人と信じて)

人    あとわずか ゆっくり老いてゆくつもり  (純一)
(標目  確かな歩み杖が導く)

二    目が肥えて 女独りが花と棲む  (和憲)
三    とっておき 母の形見と着ず捨てず  (純一)
四    ひとまわり 笑顔と共に詠んだ四季  (直樹)
五    手を広げ 守るべき者抱きしめて  (憲應)
六    泥む人生相乗り楽し 旅は道連れ世は情け  (孝代)<送り句>
七    四季を詠んではこころを洗う 旅は道連れ世は情け  (直樹)<送り句>
八    意気が合う 灘の屋台が宙に舞う  (土筆)
九    嘘ばかり 化粧おとせば人変わる  (良春)
十    目が肥えて 懐痩せる世のならい  (善三郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 01:00 |  安冨冠句会例会