短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年12月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    ひとまわり 月日は速し加茂の干支  (佳月)
(標目  流水の毎去りて帰らず)
 追吟  加茂の干支黄金の稲穂福ねずみ

地    とっておき 過去を振り返る写真集  (豪人)
(標目  懐かしき良い思い出となって)

人    冬仕度 年金寒し物価高  (祥雲)
(標目  天引き増えて寒風強し)

二    春を待つ米粒ほどの猫柳  (佳月)<折り句 ハコネ>
三    意気が合う シンクロ見事水の華  (孝代)
四    嘘ばかり 偽装で鳴いた閑古鳥  (和憲)
五    目が肥えて 親の財布が見えぬ子等  (公三)
六    好きなのよ 十坪の畑に小半日  (純一)
七    ひとまわり 畑見にゆく旅帰り  (純一)
八    手を広げ 傾く社運待つ悲劇  (泉水)
九    はまりますこの冠句会値踏みなし  (美好)<折り句 ハコネ>
十    あとわずか 老いる序曲の鐘が鳴る  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 04:00 |  安冨冠句会例会