短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年12月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    哀別の寂しさあれどまず安堵  (善三郎)<折り句 アサマ>
(標目  妻の努めと我慰める)
 追吟  まず安堵されど空しさ迫り来る

地    手を広げ 我を支えてくれた杖  (耕作)
(標目  蔭に日向に夫婦愛)

人    あとわずか 残る人生謳歌して  (新一)
(標目  富に随い貧に随い)

二    元気でと他に望みは何も無い  (孝代)<読み込み 望>
三    好きなのよ 目線で送るテレパシー  (憲應)
四    目が肥えて 皿が料理を引き立てる  (佳月)
五    とっておき 母の形見を着ず捨てず  (純一)
六    意気が合う 喧嘩しつつも夫婦道  (良春)
七    嘘ばかり 白い恋人赤い餅  (豪人)
八    母を呼ぶ子の泣き声に眠り覚め(孝代)<折り句 ハコネ>
九    望みあり峠を越えた心電図  (佳月)<読み込み 望>
十    とっておき 亡父の残した一首恋う (篤子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 05:00 |  安冨冠句会例会