短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年12月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    好きなのよ さらりと言った別れ際  (直樹)
(標目  味なセリフは名画のラスト)
 追吟  別れ際菊人形となりし母

地    目が肥えて 女独りが花と棲む  (和憲)
(標目  二DKは気楽なお城)

人    赤い糸運命の人が待っている  (良春)<折り句 アサマ>
(標目  恋いにあこがれ源氏読みつつ)

二    住所録 消去が辛い逝きし友  (善三郎)
三    繁昌はこまめ第一猫会釈  (善三郎)<折り句 ハコネ>
四    手を広げ 趣味に泣いたり笑ったり  (公三)
五    とっておき 記念硬貨が世を語る   (春風)
六    政権を望む野党は今一つ  (戸楓)<読み込み 望>
七    冬仕度 年金寒し物価高  (祥雲)
八    嘘ばかり 口では論理気は亡者  (善三郎)
九    好きなのよ 漬物で食う茶漬け飯  (良春)
十    オレ流で望み叶えた日本一  (戸楓)<詠み込み 望>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 06:00 |  安冨冠句会例会