短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年12月上座抄(春名豪人 雅伯選)

春名豪人 雅伯選

天    意気が合う 戦時話に夜が更ける  (千代子)
(標目  同じ世代は苦労を共に)
 追吟  世は更けて空襲警報防空壕

地    とっておき 母の形見を着ず捨てず  (純一)
(標目  思い出だけは私の心に)

人    春はこぬ厚労リストねむる地下  (哲男)<折り句 ハコネ>
(標目  冬眠の人早く芽吹いて)

二    住所録 今はまる秘となる世相  (公三)
三    手を広げ 破産するまで捨てぬ欲  (佳月)
四    老いてなお青春謳歌の望み持ち  (恒男)<詠み込み 望>
五    目が肥えて 厨の主婦は腕を組み (千代子)
六    住所録 消えてしまったホームレス  (芳英)
七    ひとまわり 歳は上でも気は若い  (千代子)
八    嘘ばかり 舌抜く鬼の手が足りぬ  (佳月)
九    目が肥えて 偽装指摘主婦の知恵  (篤子)
十    あとわずか はやる気持ちの受験生  (智稔)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 07:00 |  安冨冠句会例会