短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成19年12月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部
紫水杯  五選  
    
      嘘ばかり おとぎ話は夢がある  (芳英)

四選   望みあり峠を越えた心電図  (佳月)<読み込み 望>
      一期一会のご縁があって 旅は道連れ世は情け  (春風)<送り句>
      嘘ばかり 舌抜く鬼の手が足りぬ  (佳月)
      意気が合う シンクロ見事水に華  (孝代)

三選   とっておき 母の形見を着ず捨てず  (純一)
      目が肥えて 女独りが花と棲む  (和憲)
      住所録 回顧にふける友の顔  (奎夫)
      目が肥えて 親の財布が見えぬ子等  (公三)
      住所録 今はまる秘となる世相  (公三)
      目が肥えて 贅沢という敵に会う  (佳月)
      嘘ばかり 白い恋人赤い餅  (豪人)

      以下(哲男)(佳月)(祥雲)(泉水)
      以上 三選11章

多選 16章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2007-12-27 08:00 | 冠句の仲間