短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年10月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    大病の看護空しく余生終え  (春風)<折り句 タカヨ>
  (標目 悲しいけれどこれも天命)

 追吟  余生終え病名伏せた悔い残り

地    心汲む 諭す言葉に深さみる  (千翔)
  (標目 そのやさしさに誓う更生)

人    視野変えて 答えは一つだけでない   (健一郎)
  (標目 他人の意見これぞ名案)

二    視野変えて 付句あれこれ独り言  (戸楓)
三    追伸に 人柄しのぶ思いやり  (公三)
四    追伸に 心乱れた母の筆   (佳月)
五    不釣合い 福祉忘れた新庁舎  (政信)
六    不釣合い 矢張り私は地味でよい   (和憲)
七    独り言 妻と言い合う頃がよし  (豪人)
八    独り言 つぶやくように吐く不満   (春風)
九    是非もない 党首交代自民党   (奎夫)
十    是非もない 総理の椅子は軽いもの (公三)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-10-30 01:00 |  安冨冠句会例会