短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年10月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    他界なお佳月冠句は世を照らす  (直樹)<折り句 タカヨ>
(標目  残す誉れは未来永劫)
 追吟  世を照らす冠句一筋命懸け

地    視野変えて 許す心を教えられ  (耕作)
(標目  思い直せば負い目半々)

人    悔しくて 自責の念を募らせる  (篤子)
(標目  思慮に欠けたが悔いに苦しむ)

二    病む母の生きる証の身だしなみ  (泉水)<読み込み 生>
三    心汲む 柄杓の中で顔が立つ  (和憲)
四    不釣り合い 心の計り目盛なし  (新一)
五    コンパクト はじらい色に染まるなり  (千賀子)
六    心汲む 名残り尽きぬも辞世の句   (美好)
七    追伸に 優しき母の顔のぞく  (直樹)
八    不釣り合い 愛の深さが決めること  (新一)
九    是非もない 因果の道理逆らえぬ  (和憲)
十    悔しくて 洗う茶碗の派手な音  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-10-30 02:00 |  安冨冠句会例会