短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年10月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    激動の世を生き抜きし句友逝く  (善三郎)<詠みこみ 生>
(標目  しみじみ感ず明日の日知れず)
 追吟  句友逝く面影何時も笑顔のみ

地    生きるとは信じる耐える感謝する  (篤子)<詠みこみ 生>
(標目  たった三つが中々出来ぬ)

人    是非もない 妻の一言鶴以上  (清)
(標目  ごもっともです頭上がらず)

二    心汲む 北に通じぬ人の情  (直樹)
三    心汲む その先読んだ知恵袋  (和憲)
四    辛い闘病優しい介護 種も仕掛けもない笑顔  (芳英)<送り句>
五    追伸に 父母を気遣う走り書き (泉水)
六    心汲む 配慮の手紙文字かすむ  (恒男)
七    波静か 嵐を越えた夫婦舟  (哲男)
八    波静か 瀬戸が夕陽を遊ばせる  (和憲)
九    波静か ナース走らす心電図  (和憲)
十    悔しくて 流した涙糧になる  (芳英)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-10-30 03:00 |  安冨冠句会例会