短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年10月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    不釣り合い 愛の深さが決めること  (新一)
(標目  太くて赤い絆は切れぬ)
 追吟  決めること寄り添う愛は帆を上げて

地    激動の世を生き抜きし句友逝く  (善三郎)<読み込み 生>
(標目  佳月祥雲在りし日偲ぶ)

人    追伸に ちらりと見せる胸の内  (土筆)
(標目  真意知り度く返信送る)

二    独り言 佳月先生安らかに  (公三)
三    病む母の生きる証の身だしなみ  (泉水)<読み込み 生>
四    視野変えて 許す心を教えられ  (耕作)
五    是非もない 生ある者に待つ運命  (和憲)
六    視野変えて 情緒ゆたかに和む旅  (土筆)
七    波静か 月は東に十三夜  (戸楓)
八    心汲む 人の痛みを身で感じ  (奎夫)
九    不釣り合い 四季の日本にゲリラ雨  (美好)
十    コンパクト ちぎり絵見事風景画 (戸楓)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-10-30 04:00 |  安冨冠句会例会