短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年10月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選


天    コンパクト 電化の厨焔なし  (純一)
(標目  昔の苦労あっての進化)
 追吟  焔なし民のかまどに煙無し

地    是非もない 生ある者に待つ運命  (和憲)
(標目  避けて通れぬこの世の掟)

人    だんな様 妻は無料のお手伝い  (春風)
(標目  分にあわないがこれも定めと)

二    是非もない 因果の道理逆らえぬ  (和憲)
三    追伸に 心を込めてさりげなく  (美好)
四    波静か 瀬戸が夕陽を遊ばせる  (和憲)
五    波静か 大漁かカモメ船を追う  (良春)
六    心汲む 無言の叱咤愛の鞭  (千翔)
七    手に鍬を土にしたしむ老いの日々  (耕作)<折り句 テツオ>
八    魂の輝き清か余生の灯  (直樹)<折り句 タカヨ>
九    手作りの妻に感謝のオルゴール   (芳英)<折り句 テツオ>
十    手弁当作る喜びオリジナル  (孝子)<折り句 テツオ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-10-30 05:00 |  安冨冠句会例会