短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年10月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    独り言 手塩の菊に聞かす夢  (和憲)
(標目  連れて行きます展覧会に)
 追吟  聞かす夢秋を飾らん三の丸

地    波静か ナース走らす心電図  (和憲)
(標目  恐れ入りますこの着眼に)

人    悔しくて まだしがみつく草相撲  (純一)
(標目  この負けん気が時代を担う)

二    追伸に 文字をなぞれば手に熱し  (千翔)
三    不釣り合い 義理も重たし見栄を張る  (哲男)
四    今日ひと日生きた証の日記書く  (篤子)<読み込み 生>
五    適齢期ついに良縁お嫁入り  (雅城)<折り句 テツオ>
六    人生の最後を挟む竹の箸   (和憲)<読み込み 生>
七    コンパクト 起承転結一文で  (恒男)
八    生きるとは信じる耐える感謝する  (篤子)
九    是非もない 因果の道理逆らえぬ  (和憲)
十    宝物家族の笑顔夜の膳  (春風)<折り句 タカヨ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-10-30 06:00 |  安冨冠句会例会