短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年10月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      是非もない 因果の道理逆らえぬ  (和憲)

四選   他界なお佳月冠句は世を照らす  (直樹)<折り句 タカヨ>

      波静か ナース走らす心電図  (和憲)

      手に鍬を土にしたしむ老いの日々  (耕作)<折り句 テツオ>

      是非もない 生ある者に待つ運命  (和憲)

三選   生きるとは信じる耐える感謝する  (篤子)<詠みこみ 生>
      視野変えて 許す心を教えられ  (耕作)
      視野変えて 答えは一つだけでない  (謙一郎)
      悔しくて 洗う茶碗の派手な音  (和憲)
      コンパクト 世話になります電子辞書  (善三郎)
      天地人作る冠句の奥深さ  (新一)<折り句 テツオ>
      独り言 手塩の菊に聞かす夢  (和憲)
      是非もない 躾が甘くなる少子  (政信)
      だんな様 好きも嫌いもない一人  (佳月)
      波静か 嵐を越えた夫婦舟  (哲男)
      コンパクト 家も所帯もマイカーも  (政信)
      悔しくて 砂かき寄せる甲子園  (雅城)

      以上 三選12章

多選 17章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-10-30 08:00 |  安冨冠句会例会