短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年11月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    亡き妻の思いが染みる台所  (芳英)<詠みこみ 妻>
(標目  立ち居ふるまい想い出詰まり)
 追吟  台所生涯を友身にしみる

地    美しい 渓谷は今秋の彩  (泉水)
(標目  秋真っ盛り紅葉酔う)

人    郷の秋 神の絵筆で衣替え  (耕作)
(標目  四季に恵まれ幸せ受ける)

二    玉手箱 禁は守れという教え  (政信)
三    玉手箱 夢が入った宝物  (芳英)
四    荷崩れを何度か妻に支えられ  (新一)<詠みこみ 妻>
五    四季の恵みが夕餉を飾る 自給自足のうまい秋 (和憲)<送り句>
六    波静か老いの坂道菊日和  (新一)<折り句 ナオキ>
七    美しい 真心という宝物  (善三郎)
八    鳳仙花 はじける実にはドラマあり  (善三郎)
九    二日酔い 意志の弱さが酒を知る  (善三郎)
十    郷の秋 山は紅葉野は黄金  (芳英)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-11-27 03:00 |  安冨冠句会例会