短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年11月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    世は情け 廻り回ると種をまき  (哲男)
(標目  お世話出来る身今日もハッスル)
 追吟  種をまき自分の老いを重ね見る

地    寝込まれてしみじみ妻のありがたを  (泉水)<読み込み 妻>
(標目  馴れぬ手つきで恩返すのみ)

人    美しい 老老介護にこやかに  (雅城)
(標目  これが運命と悔い無きように)

二    玉手箱 あの日の父が胸にある  (直樹)
三    深呼吸 怯む心に活を入れ  (新一)
四    千の風 帆に受け進む人の道  (清)
五    野菊一輪竹かご飾る なんと素敵な母の皺  (千賀子)<送り句>
六    常日頃ネジを巻きつつ老い二人  (善三郎)<折り句 ツネオ>
七    同窓会 初恋の人来てるかな  (純一)
八    気が重い 癒えぬ病に焦る日々  (新一)
九    美しい 深まる秋の青い空  (新一)
十    鳳仙花 繚乱の夢乗せる種 (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-11-27 04:00 |  安冨冠句会例会