短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年11月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選


天    同窓会 小部屋しっぽり昭和の灯  (直樹)
(標目  思い出話戦中戦後)
 追吟  昭和の灯どん底生活懐かしむ

地    玉手箱 余生に馴染むこの冠句  (和憲)
(標目  暖(ゆるり)豊に閃き追って)

人    茄子漬の美味しい茶漬け気負いなし  (千翔)<折り句 ナオキ>
(標目  紫紺の風味飽きる事なし)

二    懐かしい御袋の味黄な粉餅  (芳英)<折り句 ナオキ>
三    常日頃ネジを巻きつつ老い二人  (善三郎)<折り句 ツネオ>
四    同窓会 一日青春渦の中  (公三)
五    美しい 羽根震わして秋茜  (公三)
六    気が重い 祖先に詫びる休耕田  (純一)
七    美しい 水面に紅葉富栖ダム  (良春)
八    世は情け 橋を架けよう愛の道  (新一)
九    郷の秋 林道覆う紅もみじ   (智稔)
十    二日酔い 愚痴言い合える友が居て  (耕作)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-11-27 05:00 |  安冨冠句会例会