短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年11月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    玉手箱 中身は開ける人次第  (雅城)
(標目  大きな期待せぬが賢明)
 追吟  人次第結果うれしい期待薄

地    同窓会 座席指定の無いなごみ  (泉水)
(標目  人の上下に人作らず)

人    千の風 姿にもなり声を聴く  (善三郎)
(標目  澄んだ心で瞼を閉じる)

二    妻めとり子ども育てて親を知り  (清)<読み込み 妻>
三    二日酔い 意志の弱さを酒が知る  (善三郎)
四    美しい きずな大事に人とひと  (謙一郎)
五    深呼吸 自分は出来る言い聞かせ  (美好)
六    二日酔い 夕べの主役今日無口   (恒男)
七    食べて満足作って自慢 自給自足のうまい秋  (善三郎)<送り句>
八    鳳仙花 産めよ増やせよ種飛ばす  (新一)
九    気が重い 句が出来ぬ事それもある  (純一)
十    深呼吸 試験用紙を前にして  (芳英)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-11-27 06:00 |  安冨冠句会例会