短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年11月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    美しい 有情の花根が太い  (泉水)
(標目  見えぬ処で固きスクラム)
 追吟  根は太い多額納税さわやかに

地    世は情け 一灯なれどお付き合い  (善三郎)
(標目  青い羽根ありまた赤い羽根)

人    茄子漬けのおいしい茶漬け気負いなし  (千翔)<折り句 ナオキ>
(標目  茶漬けとなりて冷や飯笑う)

二    玉手箱 夢と幻だけでいい  (善三郎)
三    世は情け 廻り回って己が身に  (土筆)
四    千の風 もう泣きません大丈夫  (孝代)
五    老いて勲章大筋子筋 なんと素敵な母の皺  (土筆)<送り句>
六    二日酔い 自分に負けたつけに泣く  (公三)
七    郷の秋 句帳に季語が溢れてる  (直樹)
八    作業服脱いで女にもどる妻  (千翔)<読み込み 妻>
九    土づくり根付く野菜に思いやり  (耕作)<折り句 ツネオ>
十    同窓会 一日青春渦の中  (公三)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-11-27 07:00 |  安冨冠句会例会