短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年11月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      常日頃ネジを巻きつつ老い二人  (善三郎)<折り句 ツネオ>

四選   玉手箱 中身は開ける人次第  (雅城)

      郷の秋 神の絵筆で衣替え  (耕作)

      波静か老いの坂道菊日和  (新一)<折り句 ナオキ>

      千の風 爽やかに吹く弥陀の里  (新一)

      二日酔い 意志の弱さを酒が知る  (善三郎)

      荷崩れを何度か妻に支えられ  (新一)<読み込み 妻>

      二日酔い 夕べの主役今朝無口  (恒男)

      美しい 老老介護にこやかに  (雅城)

      気が重い 嘘でごまかすその辛さ  (善三郎)

      気が重い ノルマ果たせず帰り道  (恒男)

      世は情け 支えるつもり支えられ  (謙一郎)

      

      以上 三選11章

多選 12章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-11-27 08:00 |  安冨冠句会例会