短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年12月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    初の孫 まずは若嫁にほめ言葉  (純一)
  (標目 第一声は産院たずね)

 追吟  ほめ言葉全身で知る三代目

地    プレゼント 父がサンタに変わる夜  (孝代)
  (標目 父もにっこり子の寝顔見て)

人    物静か 雑念捨ててする写経   (和憲)
  (標目 だれ寄せ付けぬ正坐の姿勢)

二    足が向く 古都が呼んでる冬景色  (和憲)
三    処方箋 何よりも勝る家族愛  (美好)
四    客寄せにあの手この手の百貨店   (芳英)<読み込み 客>
五    不祥事に客が離れた大相撲  (雅城)<読み込み 客>
六    雲が隠した湯けむり影絵 月も羨む湯の二人   (恒男)<送り句>
七    都大路に母校のタスキ 白い吐息が日を刻む  (雅城)<送り句>
八    今朝の冷え込み昨日と違う 白い吐息が日を刻む   (純一)<送り句>
九    泣き笑い痛い仕打ちに耐えた酒   (直樹)<折り句 ナイタ>
十    涙あり命を守る助け合い (耕作)<折り句 ナイタ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-12-25 01:00 |  安冨冠句会例会