短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年12月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

小林善三郎 雅伯選

天    師走人 目出度き明日の幸を売る  (直樹)
(標目  迎う新年稼ぐ年末)
 追吟  幸を売るつつがなき世を祈りつつ

地    心癒えずも月日は待たず 白い吐息が日を刻む  (春風)<送り句>
(標目  日にち薬を半ばあきらめ)

人    腹づもり 娘嫁がず男親  (和憲)
(標目  せめて人生親の生き甲斐)

二    客ひとり乗せて田舎のバスが行く  (新一)<読み込み 客>
三    物静か 星消してゆく明けの空  (純一)
四    困らせる 青き林檎の反抗期  (直樹)
五    情け知る茨の道に助け舟  (耕作)<折り句 ナイタ>
六    師走人 残す暦が指図する   (和憲)
七    雲が隠した湯けむり影絵 月も羨む湯の二人  (恒男)<送り句>
八    吊るし柿 過ぎ行く日々に残す皺  (哲男)
九    我が人生楽あり苦あり嘘もあり  (哲男)
十    プレゼント 選ぶ楽しみ貰う笑み  (篤子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-12-25 02:00 |  安冨冠句会例会