短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年12月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    プレゼント 恋のリボンを解くイブ  (和憲)
(標目  脈早打ちて胸躍りたる)
 追吟  解くイブ愛の真が揺れ躍る

地    足が向く 折り目節目に親の墓  (雅城)
(標目  親子の絆子々孫々)

人    物静か 雑念捨ててする写経  (和憲)
(標目  幸せでゆったり苦しくて夢中)

二    共にいたわり微笑みあって 月も羨む湯の二人  (美好)<送り句>
三    師走人 残す暦が指図する  (和憲)
四    プレゼント ノーベル賞という名誉  (政信)
五    腹づもり 解散時期を読む総理 (泉水)
六    物静か 水面に沈む丸い月  (直樹)
七    初の孫 我が家の宝和で包む  (耕作)
八    笑わせる落語の妙味うまい落ち  (純一)<折り句 ワラウ>
九    雪の華舞う夜空に抱かれ 白い吐息が日を刻む  (孝代)<送り句>
十    困らせる 総理迷走政治危機  (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-12-25 03:00 |  安冨冠句会例会