短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年12月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選


天    和の心落花流水詩を生む  (耕作)<折り句 ワラウ>
(標目  枯山水も侘びのうつろい)
 追吟  詩を生むジングルベルも鳴らぬ里

地    処方箋 胸にたたみて道標  (千翔)
(標目  余生道連れうまく付合う)

人    景気低迷寒気も南下 白い吐息が日を刻む  (政信)<送り句>
(標目  じっと我慢で御身大切)

二    初の孫 家系に点る期待の灯  (和憲)
三    衣食住 謙虚に暮らし足るを知る  (千翔)
四    初の孫 我が家の宝和で包む  (耕作)
五    物静か 父去りし日の文机  (直樹)
六    吊るし柿 皺が味出す祝い膳  (公三)
七    物静か 初冬の風がしみる郷  (春風)
八    プレゼント ノーベル賞という名誉  (政信)
九    客一人乗せて田舎のバスが行く   (新一)<読み込み 客>
十    師走人 景気低迷顔さえず  (千翔)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-12-25 05:00 |  安冨冠句会例会