短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年12月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    困らせる 青き林檎の反抗期  (直樹)
(標目  あって迷惑無けりゃ気掛かり)
 追吟  反抗期一度は通る道なれど

地    客という気分に浸る湯の加減  (善三郎)<読み込み 客>
(標目  手足延ばせばそこは極楽)

人    腹づもり 笑う準備は出来ている  (美好)
(標目  オモロイニュースよ今年こそは)

二    プレゼント 選ぶ楽しみ貰う笑み  (篤子)
三    師走人 幸せ願い干支作り  (千賀子)
四    吊るし柿 皮剥く祖母の手際良さ  (和憲)
五    物静か 星消してゆく明けの空  (純一)
六    足が向く いつもの宮へ初詣   (公三)
七    衣食住 今こと足りて感謝する  (篤子)
八    処方箋 オバマ政権どう描く  (春風)
九    初の孫 来るを指折り待ちわびる  (良春)
十    嬉しはずかし小さな宇宙 月も羨む湯の二人  (純一)<送り句>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-12-25 06:00 |  安冨冠句会例会