短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年12月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    物静か 人恋しきや初冬(ふゆ)の夜  (奎夫)
(標目  まぶたをとずればいつでも逢える)
 追吟  初冬(ふゆ)の夜柱時計が天下取る

地    初の孫 何故かわいいか聞かれても  (政信)
(標目  当然すぎて返事が困る)

人    足が向く 気が向くままに行脚する  (美好)
(標目  同行二人(どうぎょうににん)お四国めぐり)

二    笑いたい来年こそはウシシとさ  (千賀子)<折り句 ワラウ>
三    師走人 一年のけりつけたがる  (善三郎)
四    物静か 雑念捨ててする写経  (和憲)
五    里帰り我が娘なれどもお客さま  (泉水)<読み込み 客>
六    腹づもり 欲が絡めば狂い出す  (泉水)
七    初の孫 家系に点る期待の灯  (和憲)
八    困らせる 青き林檎の反抗期  (直樹)
九    プレゼント 言葉にかえて真心を  (千賀子)
十    吊るし柿 甘味を醸す師走風  (土筆)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-12-25 07:00 |  安冨冠句会例会