短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成20年12月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      客一人乗せて田舎のバスが行く  (新一)<読み込み 客>

四選   師走人 残す暦が指図する  (和憲)

      雲が隠した湯けむり影絵 月も羨む湯の二人  (恒男)<送り句>

      腹づもり 欲が絡めば狂い出す  (泉水)

      師走人 越すに越せない山も有る (雅城)

三選   物静か 雑念捨ててする写経  (和憲)
      困らせる 青き林檎の反抗期  (直樹)
      初の孫 我が家の宝和で包む  (耕作)
      師走人 景気低迷顔さえず  (千翔)
      プレゼント ノーベル賞という名誉  (政信)
      処方箋 何より勝る家族愛  (美好)
      処方箋 病める地球にぜひ欲しい  (純一)
      腹づもり 解散時期を読む総理  (泉水)
      不祥事に客が離れた大相撲  (雅城)<読み込み 客>
      足が向く 昔赤い灯今お医者  (雅城)
      足が向く やはり生まれた里が良い  (耕作)
    
      以上 三選11章

多選 16章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2008-12-25 08:00 |  安冨冠句会例会