短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年10月上座抄(村上千翔 雅伯選)

村上千翔 雅伯選

天    喜寿米寿 人生範となす笑顔  (直樹)
(標目  おだやかで尚愛を教える)
 追吟  なす笑顔美しきかな家平和

地    逞しく生きる人生意地隠す  (耕作)<折り句 タイイ>
(標目  親の愛こそ子を谷底へ)

人    苦を重ね伸びた社運は低い腰  (泉水)<折り句 クノヒ>
(標目  つらい程歯を食いしばり努力する)

二    バトンタッチ 新政権が走り出す  (純一)
三    下馬評に心の油断ひきしめる  (謙一郎)<読み込み 馬>
四    会議中 序列ゆるがす若い風  (哲夫)
五    赤い薔薇 民主に時勢大勝利 (良春)
六    姫路城 威風堂々媚はせじ  (雄飛)
七    無農薬 言うは安いが苦労あり  (良春)
八    喜寿米寿 星霜移りいつのひか  (雅城)
九    御洒落して 枯れゆく老いのみだしなみ  (孝代)
十    万歩計 まだまだ余裕遠まわり  (謙一郎)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-10-29 02:00 |  安冨冠句会例会