短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年10月上座抄(太田春風 雅伯選)

太田春風 雅伯選

天    喜寿米寿 連れ合いあれば尚嬉し  (孝代)
(標目  天寿誰しも判らぬままに)
 追吟  尚嬉し白寿を目指す夫婦舟

地    無農薬 田に甦るコウノトリ  (直樹)
(標目  今日か明日かと雛の巣立ちを)

人    栗ははじけ野山に秋が日毎こく  (良春)<折り句 クノヒ>
(標目  夕日に映えて尚美しく) 

二    秋桜 揺れて客待つ休耕田  (公三)
三    母は厭わず惜しまぬ努力 虫の音聞いて仕舞風呂  (直樹)<送り句>
四    秋桜 風のタクトに揺れる恋  (和憲)
五    御洒落して 秋の野山は錦色  (公三)
六    赤い薔薇 夫婦ふたりの午後の椅子  (直樹)
七    バトンタッチ 汗が沁み入る父の椅子  (直樹)
八    万歩計 健康計るリズム感  (泉水)
九    姫路城 美と強運の歴史あり  (篤子)
十    無農薬 味覚の虫が褒めている  (和憲)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-10-29 03:00 |  安冨冠句会例会