短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年10月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    姫路城 歴史織り成す色直し  (直樹)
(標目  築城四百平成修理)
 追吟  色直し世界宝物後世へ

地    喜寿米寿 天与の果報唯感謝  (千翔)
(標目  花鳥風月愛でる幸せ)

人    万歩計 動けることの汗嬉し  (孝代)
(標目  遠き夢より今日の喜び)

二    姫路城 世界に誇る白亜の美  (直樹)
三    栗ははじけ野山に秋が日毎こく  (良春)<折り句 クノヒ>
四    但馬沖漁火ゆれていかを釣る  (良春)<折り句 タイイ>
五    紫水杯 師の足跡を踏みしめて  (耕作)
六    バトンタッチ 新総裁に期待濃し  (篤子)
七    姫路城 田園アート書写の里  (豪人)
八    赤い薔薇 散らすな民主民の声  (千翔)
九    秋桜 寄り添いながら自己主張  (恒男)
十    無農薬 言うは安いが苦労あり  (良春)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-10-29 04:00 |  安冨冠句会例会