短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年10月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    大病の命救った医師の腕  (芳英)<折り句 タイイ>
(標目  神の技持つ骨接ぎ大工)
 追吟  医師の腕命預けて祈るのみ

地    喜寿米寿 還暦なんぞ青春さ  (雄飛)
(標目  そうだその意気生きてる限り)

人    御洒落して 誰に見せるの山紅葉 (和憲)
(標目  宴なくともひそかに燃ゆる)

二    秋桜 涼しく揺れて深む秋  (泉水)
三    野菜果物新米空気 美味しい秋に舌鼓  (千翔)<送り句>
四    喜寿米寿 わが残照に鞭を打ち  (新一)
五    万歩計 笑顔でかわす遠会釈  (直樹)
六    無農薬 口に安心自画自賛  (孝代)
七    姫路城 威風堂々媚はせず  (雄飛)
八    バトンタッチ 繋ぐリレーが生む絆  (耕作)
九    紫水杯 冠句仲間の金メダル  (新一)
十    楽しさは今を元気に生きること  (雅城)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-10-29 05:00 |  安冨冠句会例会