短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年10月上座抄(有末新一 雅伯選)

有本新一 雅伯選

天    喜寿米寿 天与の果報唯感謝  (千翔)
(標目  白寿目指して健康管理)
 追吟  唯感謝余生の灯火趣味に生く

地    苦を越えて農に汗かく日々が幸  (耕作)<折り句 クノヒ>
(標目  精進の頭に朝日が昇る)

人    姫路城 威風堂々媚はせず  (雄飛)
(標目  雄姿を誇り悠然と)

二    紫水杯 わが人生に灯を点す  (耕作)
三    なに願う神も辞書引く英語絵馬  (純一)<読み込み 馬>
四    句を愛し残る余生に灯を点す  (耕作)<折り句 クノヒ>
五    ひと工夫馬鹿と鋏が役に立つ  (和憲)<読み込み 馬>
六    苦を重ね伸びた社運は低い腰  (泉水)<折り句 クノヒ>
七    雲染めてのどかに秋の陽が沈む  (良春)<折り句 クノヒ>
八    今宵仲秋名月見とれ 虫の音聞いて仕舞風呂  (良春)<送り句>
九    秋刀魚マツタケ松葉の蟹も 美味しい秋に舌鼓  (雅城)<送り句>
十    馬が合うお金で買えぬ宝物  (耕作)<読み込み 馬>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-10-29 06:00 |  安冨冠句会例会