短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年10月上座抄(広岡和憲 雅伯選)

広岡和憲 雅伯選

天    知らぬふり人はそれほど馬鹿でなし  (謙一郎)<読み込み 馬>
(標目  理性知性が程好く調和)
 追吟  知らぬふり知者は不言の道を選る

地    先ずは新米仏に供え 美味しい秋に舌鼓  (公三)<送り句>
(標目  御蔭様です感謝の暮らし)

人    喜寿米寿 我が残照に鞭を打ち  (新一)
(標目  白寿天寿の白い道程)

二    喜寿米寿 天与の果報唯感謝  (千翔)
三    赤い薔薇 民主の胸に乱れ咲く  (泉水)
四    バトンタッチ 出来る嫁があればこそ  (土筆)
五    御洒落して 浄土へ行く日も紅を差す  (豪人)
六    姫路城 歴史織り成す色直し  (直樹)
七    なに願う神も辞書引く英語絵馬  (純一)<読み込み 馬>
八    夜のしじまを我が世とばかり 虫の音聞いて仕舞風呂  (新一)<送り句>
九    秋桜 なぜかあなたが気になりて  (雄飛)
十    挫けない望みを賭ける灯の明かり  (新一)<折り句 クノヒ>
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-10-29 07:00 |  安冨冠句会例会