短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年10月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  五選  
    
      喜寿米寿 わが残照に鞭を打ち  (新一)

四選   喜寿米寿 天与の果報唯感謝  (千翔)

      姫路城 威風堂々媚はせず  (雄飛)

三選   姫路城 歴史織り成す色直し  (直樹)
      下馬評に心の油断引きしめる (謙一郎)<読み込み 馬>
      苦を重ね伸びた社運は低い腰  (泉水)<折り句 クノヒ>
      母は厭わず惜しまぬ苦労 虫の音聞いて仕舞風呂  (直樹)<送り句>
      姫路城 美と強運の歴史あり  (篤子)
      無農薬 言うは安いが苦労あり  (良春)
      秋桜 揺れて客待つ休耕田  (公三)
      御洒落して 秋の野山は錦色  (公三)
      ひと工夫 馬鹿と鋏が薬に立つ  (和憲)
      無農薬 味見の虫が褒めている  (和憲)
      老いの知恵 世渡り上手馬鹿になる  (公三)
      万歩計 歩きの効果医者いらず  (良春)
      紫水杯 登りきれない高い峰  (公三)
      紫水杯 冠句仲間の金メダル  (新一)
                         
      以上 三選14章多選、計17章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-10-29 08:00 |  安冨冠句会例会