短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年11月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    余生の灯 趣味持つ人はたくましく
(標目 輪の中にいていつも幸せ)
追吟  たくましく病知らずで年令忘れ

地    夢遥か 保守再建の自民党  (雅城)
(標目 再起の夢は腹すえてせよ)

人    披露宴 嫁ぐ娘よりも親涙   (千翔)
(標目 花束を手にただむせび泣く)

二    恋文がメールに変わり余韻なし  (恒男)<読み込み 文>
三    浪花節 三筋の糸に唸り乗せ  (土筆)
四    浪花節 義理人情を主題とし   (政信)
五    旅の宿 寝るのも忘れ話し込む (阿ケ美)
六    旅の宿 柳絵になる下駄の音  (哲夫)
七    披露宴 相手の身内さぐりあい  (政信)
八    披露宴 これが最後か親の脛
九    愛燦々 親は見返りなど要らぬ
十    愛燦々 仲良くなりて今夫婦 (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-11-26 01:00 |  安冨冠句会例会