短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年11月上座抄(松井土筆 雅伯選)

松井土筆 雅伯選

天    秋深み流れは細し谷清水  (千翔)<折り句 クノヒ>
(標目  錦鮮やか山路を飾る)
 追吟  谷清水もみじ浮かべて長い旅

地    余生の灯 天寿の余白爽やかに  (純一)
(標目  斯く有りたや自然の毎く)

人    愛燦々 老老介護この一語  (和憲)
(標目  否応無しに巡る現実)

二    千羽鶴 心の籠る応援歌  (新一)
三    芸術家 波を重ねて岩を彫る  (哲夫)
四    旅の宿 露店で掬うお湯の月  (和憲)
五    筆走る冠句文化が過疎包む  (耕作)<読み込み 文>
六    文化祭多彩な趣味が生かされて  (春風)<読み込み 文>
七    我が余生楽しき詩に視野広げ  (直樹)<折り句 ワタシ>
八    ワンダフル多選に光る紫水杯  (和憲)
九    好々爺 風雪耐えた長寿眉  (純一)
十    芸術家 冠句文芸世に楽し  (戸楓)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-11-26 04:00