短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年11月上座抄(有末政信 雅伯選)

有末政信 雅伯選

天    愛燦々 生きて金婚天高し  (純一)
(標目  互いに感謝そして明日へ)
 追吟  天高し次は卒寿か白寿まで

地    芸術家 世に出るまでは変わり者  (純一)
(標目  ある日突然評価が変わる)

人    余生に灯 無理せぬほどの畑を打つ  (純一)
(標目  願う健康リハビリ代わりに)

二    夢遥か 幸せパズルなお未完  (純一)
三    旅の宿 心を癒す土地訛り  (雅城)
四    千羽鶴 脳生き生きと指遊び  (孝代)
五    夢遥か けれど手中に地図はある  (雄飛)
六    孫宛てに栗の荷造り文添えて   (春風)<読み込み 文>
七    旅の宿 上げ膳据膳妻至福  (恒男)
八    ワンダフル多選に光る紫水杯  (和憲)<折り句 ワタシ>
九    天下り無くす発言民拍手  (純一)<折り句 アナタ>
十    浪花節 義理人情を三味に乗せ  (春風)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-11-26 05:00 |  安冨冠句会例会