短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年11月上座抄(安原純一 雅伯選)

安原純一 雅伯選

天    踊ってる恋知り染めた女文字  (泉水)<読み込み 文>
(標目  一筆まいらせかしこで終わる)
 追吟  女文字優しさ浮かぶ余韻あり

地    浪花節 老いの長風呂出る十八番  (和憲)
(標目  狭いながらも独演楽し)

人    愛燦々 親は見送りなど要らぬ (泉水)
(標目  生ある限るそれが本能)

二    恋の文筆先で鳴く青い鳥  (和憲)<読み込み 文>
三    余生の灯 残り火燃やす文机  (耕作)
四    旅の宿 据え膳に見る土地の彩  (和憲)
五    ワンダフル多選に光る紫水杯  (和憲)<折り句 ワタシ>
六    蒔いた種には明日があるさ 咲く日夢見る花の詩  (和憲)<折り句 アナタ>
七    秋風になびく白雲田は黄金  (春風)<折り句 アナタ>
八    披露宴 門出を祝う鶴と亀  (和憲)
九    夢遥か けれど手中に地図はある  (雄飛)
十    愛燦々 男と女に降りかかる  (豪人)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-11-26 06:00 |  安冨冠句会例会