短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年11月上座抄(平松直樹 雅伯選)

平松直樹 雅伯選

天    余生の灯 天寿の余白爽やかに  (純一)
(標目  終に咲かせる感謝の笑顔)
 追吟  爽やかに轍の跡に咲く桜

地    好々爺 風雪耐えた長寿眉  (純一)
(標目  枯れた味わい我家の宝)

人    大器晩成季節は巡る 咲く日夢見る花の詩  (新一)<送り句>
(標目  神が見守る彼方の素質)

二    千羽鶴 祈りは世界平和へと  (千翔)
三    筆走る冠句の文化が過疎包む  (耕作)<読み込み 文>
四    身に沁みる漢字混ざらぬ祖母の文  (純一)<読み込み 文>
五    旅の宿 露天で掬うお湯の月   (和憲)
六    披露宴 前途良かれと願う母  (春風)
七    長い夜 平成維新の日の出待つ  (恒男)
八    浪花節 連れ添え越える夫婦坂  (耕作)
九    愛燦々 母性の真子に捧ぐ  (土筆)
十    旅の宿 湯の香ほのかに心癒え  (新一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-11-26 07:00 |  安冨冠句会例会