短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年11月紫水杯(多選之部)

紫水杯 多選之部

紫水杯  四選  
    
      温かい 情けを受けて立ち上がる  (芳英)<折り句 アナタ>

三選   余生の灯 天寿の余白爽やかに  (純一)
      旅の宿 露天で掬うお湯の月  (和憲)
      ワンダフル多選に光る紫水杯  (和憲)<折り句 ワタシ>
      蒔いた種には明日があるさ 咲く日夢見る花の詩 (和憲)<送り句>
      好々爺 円き人生花日和  (直樹)
      夢遥か 幸せパズルまだ未完  (純一)
      旅の宿 湯の香ほのかに心癒え  (春風)
      詫び住まい漂う香り四季の花  (春風)<折り句 ワタシ>
      浪花節 三筋の糸に唸り乗せ  (土筆)
      披露宴 門出の涙美しく  (公三)
      旅の宿 上げ膳据膳妻至福  (恒男)
      愛燦々 親から届く定期便  (公三)
      浪花節 義理人情を三味に乗せ  (春風)
      千羽鶴 幸せ運ぶ使者となり  (阿ケ美)
      若返り 楽しく暮らす過疎の道  (芳英)
      長い夜 推理小説いま佳境  (純一)
                         
      以上 三選16章、多選計17章でした。
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-11-26 08:00 |  安冨冠句会例会