短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年12月上座抄(山口泉水 宗匠選)

山口泉水 宗匠選

天    住所録 又一人消す喪の知らせ
(標目 手帳のチェック礼儀心得)
追吟  喪の知らせ暮の毎日二・三枚

地    揺れ動く 新政権に波高し  (新一)
(標目 私もほしい母から小遣い)

人    火の用心 主婦の訓練初期消火   (政信)
(標目 いざとなったら女は強し)

二    歌合戦 今年の顔がさわいでる  (千賀子)
三    広辞苑 老いて便利な電子辞書  (直樹)
四    広辞苑 パソコン時代忘れられ   (公三)
五    歌合戦 老若男女楽しんで (雄飛)
六    聖なる夜 満天の星冴えわたる  (耕作)
七    お買物 ブランド店を出る笑顔  (哲夫)
八    コトコトと あっさり煮込む母の味  (哲夫)
九    振り返る 我が人生は悔い残り  (阿ケ美)
十    煤払い 丸く納めた老の知恵 (純一)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-12-24 01:00 |  安冨冠句会例会