短詩文芸である冠句の紹介


by kanku_yasutomi

安富冠句会 平成21年12月上座抄(小林善三郎 雅伯選)

天    広辞苑 愛を引いてる冬の指  (和憲)
(標目  吐息かけてはページ検索)
 追吟  冬の指健気さ故のいたわしさ

地    小春日和を分け合う夫婦 老いて益々盛んなり (千翔)<送り句>
(標目  冬の日差しが老いの夫婦に)

人    住所録 嫁して捧げて骨埋む  (土筆)
(標目  苗字新たに住所登録)

二    踏まれても歪む事なし野辺の花  (新一)<折り句 フユノ>
三    お買物 仕切る主婦の座ゆるぎなし  (純一)
四    揺れ動く 行こか戻ろか橋半ば (公三)
五    コトコトと 牛歩で足りる趣味の道  (哲夫)
六    揺れ動く 貴男の噂邪魔をする  (孝子)
七    お買物 値引きに乗った欲と悔い  (千翔)
八    聖なる夜 知らず知らずの罪を詫び  (哲夫)
九    揺れ動く どこかでボタン掛け違い  (耕作)
十    お買物 妻と娘の仕分け人  (千賀子)
[PR]
by kanku_yasutomi | 2009-12-24 02:00 |  安冨冠句会例会